神埼小、福島の子どもたちと交流しました

福島の子どもたちと一緒に

SFプロジェクト

神埼小学校の東日本大震災復興支援交流事業が11月25日、同校であり、福島県葛尾(かつらお)村立葛尾小学校の児童4人と交流しました。

支援事業は今年で5回目。交流を通して、震災や助け合いについて理解を深めてきました。

体育館で歓迎集会が行われ、引率の芳賀実校長が「震災で県内外への避難が続き、いま児童は9人。今日は大勢の子どもたちと一緒に感動を味わいたい」とあいさつ。その後、葛尾小の児童は各学級に分かれ、普段とは違う大人数での授業やゲーム、外遊び、給食を楽しみました。一行は吉野ヶ里遺跡も見学し、佐賀で楽しいひとときを過ごしました。

問い合わせ

総務課 秘書広報係

電話:0952-37-0088

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?