脊振神社「採燈大護摩供」

厳粛に「採燈大護摩供」

脊振火祭り 山伏

護摩壇

11月3日、脊振神社で、修験道に伝わる「採燈護摩供(さいとうおおごまく)」が行われ、山伏による「山伏問答」「法弓」など諸作法に続き、参拝者が願を書き入れた護摩木が燃え盛る護摩壇に投げ入れられ、炎と煙で煩悩を焼き尽くし、身を清めました。

燃えた炭の上を素足で歩く火渡り修行では、参拝者のみなさんも先達の山伏に続いて炭の上を歩き、除災招福を祈りました。

火渡りを終えた参拝者のみなさんは、修行の印のお札と地元で採れた新米のおにぎりをいただき、心清める一日となりました。

問い合わせ

総務課 秘書広報係

電話:0952-37-0088

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?