中国山西省の中学生と交流

山西中交流

8月1日から5日間、廣瀧市議会議長を団長とする脊振中学校の生徒代表6人と引率4人の計10人の友好交流訪中団が、中国山西省太原市の山西大学付属中学校を訪問しました。この交流は、両校が姉妹校締結して今年で28年目となります。

交流会では、生徒会長の渡邊楓さんが、中国語で「この交流が中日友好の架け橋となることを願っています」とあいさつ。英語での学校紹介や剣道、書道の腕前を披露しました。

その後、中国の一般家庭を訪問して交流し、さまざまな中国文化を体感することができました。

問い合わせ

総務課 秘書広報係

電話:0952-37-0088

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?