神埼市消防団の夏季訓練

防災への決意を新たに

夏季訓練

夏季訓練1 夏季訓練2

夏季訓練3 夏季訓練4

夏季訓練5 夏季訓練6

8月28日、脊振グラウンドで神埼市消防団夏季訓練が行われました。早朝から女性11人を含む552人の団員が参加、日ごろの訓練の成果を披露しました。

吉田貴大団長が、今年発生した熊本地震、北海道の大雨などの例をあげ「自然災害は必ず起こる。被害を少しでも食い止めるためにも、団員の技術向上と分団の結束が必要。市民の安心安全のために訓練に励もう」と訓示しました。

途中強い雨に見舞われましたが、張り詰めた空気の中、ラッパ隊を先頭に分列行進や規律訓練が力強く披露されました。

問い合わせ

総務課 秘書広報係

電話:0952-37-0088

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?