マイナンバーカードの暗証番号の変更・再設定(初期化)の手続き

マイナンバーカードを受け取る際に設定した暗証番号を変更したい場合、本庁市民課または各支所総合窓口にて変更することができます。

また、マイナンバーカードの暗証番号が分からなくなってしまった場合や、暗証番号を入力する際に連続して間違え暗証番号がロックされてしまった場合は、本庁市民課または各支所総合窓口で暗証番号の再設定(初期化)をすることができます。

暗証番号の変更に関し、ご自宅にインターネットに接続されたパソコンとマイナンバーカードに対応したカードリーダーがある場合、またはスマートフォンをお持ちの場合はインターネットでも暗証番号を変更することが可能ですが、現在設定されている暗証番号の入力が必要です。詳しくは、下記「公的個人認証サービス」のサイトをご覧ください。

https://www.jpki.go.jp/download/howto_win/password.html (パスワードを変更する 公的個人認証サービスポータルサイト

なお、暗証番号がロックされた場合は、現在の暗証番号が判明したとしても本庁市民課または各支所総合窓口にお越しいただかないとロックの解除ができません。

★暗証番号の変更手続きはこちら

★暗証番号の再設定(初期化)手続きはこちら

変更・再設定(初期化)できる暗証番号

署名用電子証明書暗証番号

6桁から16桁の英数字を組み合わせたもの(英語はすべて大文字)。

インターネットを利用した、確定申告(e-Tax)、給付金申請などを利用する際に必要になる暗証番号。
ただし、マイナンバーカードの交付を受けた際に、署名用電子証明書が搭載されていなかった方は設定されていません。

利用者証明用電子証明書暗証番号

4桁の数字

コンビニで住民票等を取得する、健康保険証機能などに必要になる暗証番号。
ただし、マイナンバーカードの交付を受けた際に、利用者証明用電子証明書が搭載されていなかった方は設定されていません。

住民基本台帳用暗証番号

4桁の数字

住民票コードをテキストデータとして利用するための暗証番号

券面事項入力補助用暗証番

4桁の数字

個人番号や基本4情報(住所・氏名・生年月日・性別)を確認し、テキストデータとして利用するための暗証番号

 

暗証番号の変更手続き

暗証番号の変更を希望される場合、変更前の暗証番号の入力が必要となります。
変更前の暗証番号が正しく入力できなかった場合は、手続きができません。

  • 手続きができる方:原則、マイナンバーカード所持者本人
  • 持ち物:本人のマイナンバーカード

暗証番号の再設定(初期化)手続き

暗証番号が分からなくなってしまった場合は、暗証番号の再設定(初期化)をすることができます。
また、利用者証明用電子証明書の暗証番号(数字4桁)を連続して3回、署名用電子証明書の暗証番号(英数字6桁以上16桁以下)を連続して5回間違え、暗証番号がロックされてしまった場合も、暗証番号の再設定(初期化)の手続きをしてください。

  • 手続きができる方:原則、マイナンバーカード所持者本人
  • 持ち物:本人のマイナンバーカード

コンビニエンスストアで署名用電子証明書の暗証番号を再設定をする

専用アプリでマイナンバーカードを読み取り、数字4桁の暗証番号(利用者用電子証明書)の入力と顔認証による本人確認後、コンビニのマルチコピー機で署名用電子証明書の暗証番号(英数字6桁~16桁)の再設定ができます。
現在は、全国のセブン-イレブン、ローソンの店舗でサービスが提供されています。
詳しくは、下記サイトをご確認ください。

 

問い合わせ

市民課 戸籍係

電話:0952-37-0120

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?