浸水建物復旧のポイント

浸水建物復旧のポイントについて、一般社団法人佐賀県建築士会危機管理対策部会からの情報をお知らせします。

浸水建物復旧のポイント

1.片付けの前に被害状況の写真を撮影!

保険金の請求や罹災証明を取得する時の状況証拠として役立ちます。
写真は、室内外部を各方向撮影し、どこまで浸水したのかメジャーなどを当てた写真があるとベストです。
高価な家財道具なども廃棄する前に撮影しておくことをお勧めします。

2.被害状況を各所に連絡!

火災保険や共済に加入している場合は、被害状況を連絡してください。
賃貸住宅の場合は、家主に被害状況を連絡してください。
市町に罹災証明の申請を行ってください。(市町の体制が整ってから)

3.ライフラインのチェック!

コンセントが水に浸かった場合は漏電の危険があるため、プラグを抜いて、完全に乾くまでブレーカーを上げないでください。
LPガスの場合は、ボンベが元の位置から動いていないか確認してください。
下水については、敷地内のマンホールなどが動いていないか、詰まらず流れるか確認してください。

4.片付けは家財から!

乾けば使えるもの、水を吸って使えないものに分類し、浸水した部屋の外に搬出します。
水を吸って重くなるものもあるため、ゆっくり無理せず行ってください。(重たいものは複数人で)
ゴミ捨てや分別については、市町の情報を確認して廃棄してください。(大事なものは慎重に)

5.床下に水が溜まっていないか確認!

基礎の通気口や床下点検口を覗いて確認し、水が溜まっていたら排水してください。
床下が土敷きの場合は、表面に流入した泥土を除去し、完全に乾燥させてください。
※消石灰は消毒効果が期待できませんので、使用しないでください。

6.浸水した部分を拭き取り乾燥させる!

建物の大敵は「湿気」です。通風をよくして(可能であれば、扇風機などを使って)建物全体を完全に乾燥させてください。
カビを防ぐため、消毒液を吹き付けて拭き取ることをお勧めします。
※消毒にはエタノール・塩化ベンザルコニウム・次亜塩素酸ナトリウムが効果的です。

7.床や壁の内部に溜まった水分を除去する!

建物を覆っている断熱材が水を含んでいる場合は、その部分を除去する必要があります。
やり方により、構造体を痛めたり、その後の復旧を難しくすることもあるため、建築士や施行業者の助言を得ながら行うか、経験のあるボランティアに頼むことをお勧めします。

 

作業は無理せず、できるだけ大人数で!支援団体やボランティアの手も借りましょう!

※厚生労働省の「被災した家屋での感染症対策」も参考とされてください。

問い合わせ

総務企画部 防災危機管理課

電話:0952-37-0104

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?