小規模特認校制度について

特認校制度とは

小規模化が進む学校について、学校の活性化を図ることを目的として、通学区域外からの入学・転入学を認める制度です。特に児童・生徒数が100人以下の学校で導入されます。

 

脊振小学校・中学校で導入

脊振小・中学校では、自然豊かな環境に恵まれ、少人数によるきめ細かな指導が行われています。また、「脊振まるごと大運動会」のように、学校と地域が連携して行事を行うなど、子どもにとって豊かな経験に繋がっています。

 

条件

1 神埼市内に保護者とともに居住し、脊振小学校・脊振中学校の教育計画に沿った学校生活ができること。

2 一年以上通年通学すること。

3 原則として通学は、保護者の送迎により通学すること。なお、通学にかかる交通費は、保護者が負担すること。

4 脊振小学校・脊振中学校の教育活動および育友会活動に賛同し、協力できること。

※脊振小・中学校特認校制度で就学を許可した後に、申請の事実と異なる、または制度の趣旨に沿わない事由が生じ支障があると認められるときは、就学許可を取り消すことがあります。

 

募集定員および受入枠

脊振小・中学校の各学年10人程度

 

募集日程

・募集期間

令和元年11月上旬 〜 令和元年12月24日(火)

・市教育委員会審査

令和元年12月25日(水) 〜 令和2年1月6日(月)

・申込者に対する通知

令和2年1月20日頃までに各家庭に通知します。

 

学校見学会

令和元年11月 〜 令和元年12月

※見学は希望があれば随時受け付けます。

 

規程・申請様式

神埼市立小中学校小規模特認校制度に関する規程(Word,17.8KB)

申請様式(様式第1号)(Word,19.5KB)

 

 

問い合わせ

教育委員会 学校教育課

電話:0952-44-2384

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?