ふるさと納税制度とは?

ふるさと納税って何??

多くの人が地方のふるさとで生まれ、その自治体から医療や教育等さまざまな住民サービスを受けて育ち、やがて進学や就職を機に生活の場を都会に移し、そこで納税を行っています。
その結果、都会の自治体は税収を得ますが、自分が生まれ育った故郷の自治体には税収が入りません。

そこで、「今は都会に住んでいても、自分を育んでくれた「ふるさと」に、自分の意思で、いくらかでも納税できる制度があっても良いのではないか」、そんな問題提起から始まり、数多くの議論や検討を経て生まれたのがふるさと納税制度です。

<総務省ふるさと納税ポータルサイトより抜粋>

神埼市はふるさと納税を何に使っているの??

神埼市ではみなさんからいただきた寄附金を以下の5つの事業に活用しています。
寄附者の想いが使い道という形で反映するのが”ふるさと納税”です。

1.かんざきの歴史文化の保全、観光・物産の振興

吉野ヶ里歴史公園や郷土の偉人顕彰など歴史文化の保全、観光・物産の振興

2.かんざきの自然環境の保全

森林の整備、田園景観の保全、河川環境の維持

3.かんざきの福祉の充実

高齢者、障がい者、若年者、女性にやさしいまちづくり

4.かんざきの未来を担う人材の育成

子どもの健全育成、子育て支援の充実、教育環境の充実

5.市長おまかせ

市長が必要と認める事業

問い合わせ先

神埼市役所 政策推進室 ふるさと納税担当
〒842-8601 佐賀県神埼市神埼町鶴3542番地1
電話番号:0952-37-0121
ファックス:0952-52-1120

Mail:furusato@city.kanzaki.lg.jp

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?