浄化槽使用について

浄化槽の正しい使い方

浄化槽は、生きた微生物により汚水を処理する生物処理システムになっております。この微生物が活発に活動できるように、下記のことをよく守って浄化槽を正しく使いましょう。

(1)台所において

   使用済みの油は流さずに、ごみと一緒に指定ごみ袋で出す。 (油を流すと故障の原因になります。)

 野菜くず等の固形物を排水口から流さない。 (目の細かいストレーナや三角コーナーを利用する。)

(2)掃除・洗濯・お風呂において

 無リン洗剤を使う。

洗剤は必ず適量をはかって使い、漂白剤等の使用も控えめに使用する。

 ワックス(床磨き剤等)は絶対に流さない。(故障の原因となる。)

お風呂の入浴剤はできるだけ控えてください。(放流水に色が出るため)

(3)トイレにおいて

ティッシュペーパー、紙おむつ、衛生用品、たばこの吸殻を流さない。(トイレットペーパー以外は水に溶けないため。)

塩酸等の薬品を使わない。(普通のトイレ洗剤はOKですが、カビ落とし剤等は、微生物を殺してしまいます。)

(4)浄化槽において

ブロワ(送風機)の電源は、絶対に切らないでください。 (モーターの異常等は、直ちに保守点検業者に連絡ください。)

浄化槽のマンホール上に物を置かない。

 毎年浄化槽汚泥の引抜き清掃を実施しますので、ご協力ください。

※上記の事項を守らず使用者の責により、浄化槽が故障、破損した場合の費用は個人負担となりますのでご注意ください。

問い合わせ

下水道課 管理係

電話:0952-37-0105

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?