熱中症に注意しましょう

これから気温が高くなってきます。熱中症は、職場や学校、スポーツ現場での発生だけでなく、夜間や屋内でも発生します。また、子どもから高齢者まで幅広い年代で発生します。熱中症は、正しい知識を持つことで防ぐことができますので、一人ひとりが心がけましょう。

熱中症予防のために

(1)暑さを避けましょう。日陰を選んで歩いたり、エアコンを適切に使用し、熱中症予防に努めましょう。

(2)衣服は軽く、吸湿性や通気性のよい素材を選びましょう。外出時は、帽子で直射日光を防ぎましょう。

(3)こまめに水分・塩分を補給しましょう。

(4)急に暑くなる日に注意が必要です。暑さに備えた体づくりをしましょう。

※高齢者や子どもは特に注意が必要です。

高齢者の場合は、体温調節機能が加齢により低下し、暑さに対する抵抗力が低下しています。また、のどの渇きを感じにくくなるため、こまめに水分や塩分をとることが必要です。

子どもは、体温調節機能や発汗の能力が十分に発達しておらず、高齢者同様、熱中症のリスクが成人よりも高くなっています。保護者が十分に観察し、水分や塩分を補給してあげるなど適切な処置が必要です。

暑さ指数を参考にしましょう

暑さ指数とは、湿度・輻射熱・気温の3つを取り入れた指標です。外出や運動、外作業の目安にご活用ください。

下記サイトにて暑さ指数や熱中症に関する情報が掲載されていますので参考にしましょう。

※参考

環境省熱中症予防情報サイト(提供期間:4月19日~10月14日)

http://www.wbgt.env.go.jp/

厚生労働省ホームページ熱中症関連情報

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/nettyuu/

佐賀県のホームページ「熱中症にご注意ください」 (提供期間:5月13日~10月1日)

http://www.pref.saga.lg.jp/kiji00347065/index.html

問い合わせ

健康増進課 健康増進係

電話:0952-51-1234

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?