ふるさと納税

ふるさとかんざき応援サイト

みなさんのふるさとへの “思い” を実現していただくため、

“ふるさと納税”

で神埼へのご支援をよろしくお願いします。

神埼市への寄附はこちらから・・・ふるさとチョイス~神埼市ページ

※神埼市ではこれまで寄附者の住所に関わらず、寄附された方へのお礼の品として特産品などをお送りしておりました。しかしながら、ふるさと納税の趣旨を踏まえ平成29年9月1日の申込み分以降より、神埼市民からのふるさと納税に対してお礼の品を送付しないことといたしました。

また、お礼の品につきましても、ふるさと納税制度の健全な発展のため、取扱いの見直しを実施します。寄附していただくみなさんにおかれましては、本決定を何卒ご理解いただき、今後とも神埼市を応援していただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

 「くねんワン」「くねんニャン」

神埼・千代田・脊振に育ち、今はふるさとを離れてご活躍のみなさん、いかがお過ごしですか。

神埼市は、平成18年3月に合併し新しい神埼市がスタートして10年が経過しました。

合併により脊振山や清流城原川などの豊かな自然と吉野ヶ里歴史公園や九年庵、長崎街道、クリーク・環濠集落跡地などさらにたくさんの自然、歴史、文化、市民を有することになりました。

みなさんのふるさと“かんざき”は、これからも「自然と歴史と人が輝く未来都市」を目指し、“元気かんざき”実現をご支援いただくみなさんからの“ふるさと納税”を心からお待ち申し上げます。

〔イメージ写真(市内観光名所)〕

みなさんの“思い”を実現するためのメニュー

 “ふるさと納税”の使い道は、みなさんにご指定いただけます。

1. かんざきの歴史文化の保全、観光・物産の振興

吉野ヶ里歴史公園や郷土の偉人顕彰など歴史文化の保全、観光・物産の振興

2. かんざきの自然環境の保全

森林の整備、田園景観の保全、河川環境の維持

3. かんざきの福祉の充実

高齢者、障がい者、若年者、女性にやさしいまちづくり

4. かんざきの未来を担う人材の育成

子どもの健全育成、子育て支援の充実、教育環境の充実

5. 市長おまかせ

市長が必要と認める事業

 

みなさんの“思い”へのお礼

 

 

 ひし焼酎 1本入り・2本入り 佐賀の人妻プリン5ヶ入 17個セット 神埼めん懐石

※上記画像は返礼品の一例になりますので、詳しくは下記URLから返礼品をご覧ください。

“ふるさと納税”をしていただきましたみなさんには、ふるさと“かんざき”にちなんだ、ささやかなお礼の品をお送りします。

 

神埼市ふるさと納税返礼品一覧(ふるさとチョイス~神埼市ページ)

 

“ふるさと納税”の方法

(1)ふるさとチョイスの申込みフォームより申込みを行う場合。(インターネット申込み)

1.申込みフォームに必要事項を記入し、決済区分(クレジット、コンビニ納付、郵便振替、現金書留)を選択した上で寄附を行ってください。

(2)郵送、ファックスなどで申し込みを行う場合。(郵送、ファックスなどでの申込み)

1.「神埼市ふるさと寄附金申込書」(申込書)をご記入の上、郵便、ファックスなどでお送りください。

個人情報保護方針

『神埼市ふるさと納税にかかる個人情報の保護』について

要旨

神埼市のふるさと納税のお申込み・お問合せに伴い収集した個人情報(名前・住所・電話番号・メールアドレス等の個人を特定できる情報、または、組み合わせることで個人を特定できる情報)については、「神埼市個人情報保護条例」(http://www.city.kanzaki.saga.jp/reiki_int/reiki_honbun/r305RG00000049.html)に基づいて適正な管理を行います。

個人情報の取得と取扱い

神埼市のふるさと納税のお申込み・お問合せをいただく際に、お名前・ご住所・電話番号・メールアドレスなどの個人情報をご提供いただいております。取得した個人情報を取り扱うにあたっては、その利用目的を明示し、当該目的以外には利用いたしません。

個人情報の利用

取得した個人情報は下記の目的で利用させていただく場合がございます。

・神埼市のふるさと納税をお申込みされた方に対し、必要に応じお問合せに対する回答や申込内容の確認、および、ふるさと納税返礼品に関連した限定返礼品・サービス等のご連絡、資料等の送付を行うため、お名前、ご住所、電話番号、メールアドレスなどの連絡先情報を利用する場合

・ふるさと納税お申込者に、神埼市ふるさと納税へいただいた寄附のお礼として神埼市ふるさと納税の協賛事業者が提供する商品・サービスである「神埼市ふるさと納税返礼品」の送付を行うため、お名前、ご住所、お電話番号など連絡先情報を利用する場合

・神埼市ホームページ、ポータルサイト等において、あらかじめ同意をいただいた神埼市ふるさと納税お申込者のお名前、寄附金額等を公表する場合

個人情報の開示への同意

神埼市ふるさと納税のお申込みに際しては、次の事項をあらかじめご承認いただくものとします。

・神埼市ふるさと納税へいただいた寄附のお礼として神埼市ふるさと納税の協賛事業者が提供する商品・サービスである「神埼市ふるさと納税返礼品」をふるさと納税寄附者に送付する際に、お名前・ご住所・お電話番号など、返礼品の送付に必要な情報を協賛事業者に開示すること。

・協賛事業者が提供する返礼品・サービスに関するお問合せを受けた場合で、お問合せに対する回答を協賛事業者から直接行うことが適切であると判断した場合に、お問合せの内容およびメールアドレスなどの回答先情報を当該協賛事業者に開示すること。

・次の場合において、個人情報を第三者へ提供すること。

(1)裁判所からの法令に基づく開示を命じる判決もしくは命令を受けた場合、または、警察などの公的機関から、 捜査権限を定める法令に基づき正式な照会を受けた場合

(2)神埼市ふるさと納税の利用に関連して、利用者が法令などに反し、第三者または本市の権利、財産、サービス などを保護するために必要認められる場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合

(3)人の生命、財産などに対する緊急な危険があり、必要性がある場合であって、本人の同意を得ることが困難な 場合

(4)その他、個人情報保護法上において許容される場合

個人情報の保持・管理方法

取得した個人情報については、厳重に管理し、神埼市個人情報保護条例に基づき漏えい、不正流用、改ざんなどがないように適切な管理に努めます。

ダウンロードファイル

神埼市ふるさと寄附金申込書(平成28年度10月改定版) PDF(201.4KB) Word(22.1KB)
神埼市ふるさと寄附金申込書(記入例) PDF(213.5KB)  

↓

2. 折り返し、寄附金の納付方法について、案内文書をお送りしますので、内容をご確認の上、納付をお願いします。

↓

3. 寄附金の納付を確認次第、寄附証明書(領収書)とお礼をお送りします。寄附証明書(領収書)は、確定申告の際に必要ですので、大切に保管してください。

その他、現金での寄附(市役所窓口での寄附、現金書留による寄附)も受け付けています。ご不明な点は、気軽にお問い合わせください。

“ふるさと納税”は、5,000円以上1,000円単位とさせていただきます。

神埼市が発行する納付書を用いて郵便局で納付いただく場合は、手数料は無料です。その他の金融機関をご利用いただく場合の振込手数料は、誠に恐縮ですが、ご寄附いただく方のご負担となりますので、ご了承いただきますようお願いします。

 

 

税金が軽減されます

1.ふるさと納税枠(控除上限額)が拡充されました。

ふるさと納税制度では、確定申告等をすることによって、寄附額のうち2,000円を超える部分について、一定の上限まで、原則として寄附した年の所得税と寄附した翌年の個人住民税から全額が控除されます。控除には一定の上限があり、個人住民税特例控除額は、個人住民税所得割額2割(平成27年3月31日可決の地方税法の改正法により、特別控除額が従来の所得割額1割から2割に引き上げられました。)を上限としています。(平成27年1月1日以降のふるさと納税から対象となります。)

(参考) 総務省ふるさと納税ポータルサイトにおいて、控除額(目安)がシミュレーションできる「控除額計算シミュレーション」が掲載されていますのでご活用ください。

総務省ふるさと納税ポータルサイト

控除額計算シミュレーション(Excel55KB)

 

2.ふるさと納税ワンストップ特例制度が創設されました。

確定申告をする必要のない給与所得者等がふるさと納税を行う場合に、ふるさと納税先団体が5団体以内の場合であって、確定申告を行わない場合に限り、ふるさと納税を行う際に、各ふるさと納税先団体に特例の適用に関する申請書を提出することで、確定申告を行わなくても、ふるさと納税についての寄附金控除を受けることができます。(ふるさと納税ワンストップ特例制度)

ふるさと納税ワンストップ特例の適用を受けるためには、申請書に記入の上、ふるさと納税をする際に、ふるさと納税先団体へ申請書を提出する必要があります。

(転居による住所変更など)提出済の申請書の内容に変更があった場合、ふるさと納税をした翌年の1月10日までに、ふるさと納税先団体へ変更届け出書を提出する必要があります。

 このふるさと納税ワンストップ特例制度は、平成27年4月1日以降に行うふるさと納税が対象です。平成27年1月1日から3月31日までにふるさと納税を行っている方は、平成27年中のふるさと納税について控除を受けるためには、確定申告をする必要があります。(平成28年以降のふるさと納税については、5団体以内であればふるさと納税ワンストップ特例の適用を受けることが可能です。)

なお、5団体を超える自治体にふるさと納税をした方や、ふるさと納税の有無にかかわらず確定申告を行う方も、ふるさと納税に係る控除を受けるためには、これまで同様に確定申告書への記載が必要となります。

ふるさと納税ワンストップ特例の適用を受ける方は、所得税からの還付は発生せず、個人住民税からの控除で税の軽減が行われます。(ふるさと納税を行った翌年の6月以降に支払う個人住民税が軽減されます。)

寄附金税額控除に係る申告特例申請書(記入例)(PDF406KB)

寄附金税額控除に係る申告特例申請書(記入用紙)(PDF233KB)

寄附金税額控除に係る申告事項変更届け出書(PDF131KB)

ワンストップ特例を受ける方の平成28年1月1日以降での寄附については「申告特例申請書」に「個人番号(マイナンバー)」を記載することが必要になりました。

詳しくはこちらでご確認ください。

ワンストップ特例に必要となる書類(PDF202KB)

 

 

 

ふるさと納税ありがとうございました

〜現在の状況〜

問い合わせ先

神埼市役所 政策推進室 ふるさと納税担当
〒842-8601 佐賀県神埼市神埼町神埼410番地
電話番号:0952-37-0121
ファックス:0952-52-1120

Mail:furusato@city.kanzaki.lg.jp