災害に対する心がけ

災害は、ある日突然私たちを襲い、地震は火災を、台風は洪水や地すべりを引き起こし、多くの家屋や人命を失います。

不測の事態に備え、日ごろから非常持出品を用意したり、避難場所を確認するなど、災害に対する心構えが必要です。

災害に対する心構え

  • 避難場所の位置や道順を覚えておきましょう。
  • 家族がはぐれたときの集合場所や、連絡方法を話し合っておきましょう。
  • 非常時の持出品の準備をしておきましょう。
  • 倒れやすい家具等は固定しておきましょう。
  • 屋根・窓・壁・塀などの危険箇所は早めに補修しておきましょう。
  • 消火器はよくわかるところに置いておきましょう。
  • 浴槽や洗濯機に水をためておきましょう。

非常持出品

食料

缶詰、レトルト食品などを最低1週間分は備え、定期的に取り替えておきましょう。

飲料水

1人1日あたり3リットルの水が必要です。家族数に応じて最低でも3日分の飲料水を用意しておきましょう。

常備薬品

常備薬のほかに応急手当用の医薬品も備えておきましょう。

その他

ラジオ、ローソク、ヘルメット、貴重品など

災害時の心得・災害が発生したら

地震のとき

  • 座布団などで頭部を保護し出口を確保する。
  • テーブルなどの下に入り身の安全を守る。
  • 落ち着いて火の始末をしましょう。
  • デマに惑わされず、正しい情報を入手する。

台風のとき

  • 大雨に備えて排水溝・といを掃除する。
  • 戸外の飛ばされやすい物、流されやすい物を片付ける。
  • 水害の恐れのあるときは、家財などを高いところへ上げる。
  • 強風に備えて雨戸を閉める。
  • 台風の進路、気象情報に注意する。

避難するときは、慌てずに!

  • ガス、電気はもちろん、火の始末や戸締りを完全に。
  • 非常時の持出品を忘れないように。
  • 避難は徒歩で、持ち物は最小限に。
  • 正確な情報に基づき、家族、隣近所一団となって冷静に行動しましょう。

問い合わせ

防災危機管理課 防災係

電話:0952-37-0104