神埼市人・農地プランの実質化に向けた工程表を公表します

人・農地プランとは

高齢化や後継者不足、それによる耕作放棄地の増加などにより、5年後、10年後の地域農業の展望が描けない地域が増えている中、それぞれの地域の「人と農地の問題」を解決するための「未来の設計図」です。

神埼市においても、市内全域を7つの地区(神埼地区、西郷地区、仁比山地区、境野地区、城田地区、千歳地区、脊振地区)に分け、それぞれの地域における話し合いを行い、平成25年2月に「人・農地プラン」を策定しています。

人・農地プランの実質化

国においては、現行の「人・農地プラン」が十分に機能していないことから、地域での話し合いができる単位として集落単位でアンケートや地図を活用しながら、農業者が地域農業の現状や課題を共有することによって、中心経営体への農地集積などについて将来方針の策定を行う「人・農地プランの実質化」の取り組みが進められています。

実質化に向けた工程表

神埼市では、以下に掲載した工程表に基づき、アンケート調査の実施や地図化による現状把握、集落での話し合い、将来方針の策定などを令和2年9月までに行う予定としています。

神埼市人・農地プラン(工程表)【 PDFファイル:193.1 KB 】

問い合わせ

農政水産課 農業水産振興係

電話:0952-37-0117

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?