望まない受動喫煙を防止するために

「マナー」から「ルール」に  ~望まない受動喫煙を防止するために~

 望まない受動喫煙のない社会とするため健康増進法の一部が改正され、、望まない受動喫煙を防止するための取組みはマナーからルールへと変わります。

 施行は、令和2年4月1日からの全面施行へ向けて段階的に進められる予定ですが、一部の施設(病院や学校、児童福祉施設、行政機関等)については令和元年7月から、その後令和2年4月の全面施行へ向けて順次施行が進められていきます。

受動喫煙とは?

 受動喫煙とは、たばこを吸わない人が、他の人のたばこの煙(副流煙)を吸い込んでしまうことをいいます。

 副流煙には、喫煙者本人が直接口から吸う煙(主流煙)の数倍の有害物質を含んでいます。たばこが健康に与える影響は大きく、がん、呼吸器疾患、循環器疾患、脳血管疾患などを引き起こすリスクが高まります。

 

thumb_kemuimon なくそう!望まない受動喫煙特設サイト(厚生労働省) 

   https://jyudokitsuen.mhlw.go.jp/

問い合わせ

市民福祉部 健康増進課

電話:0952-51-1234

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?