風しん抗体検査・予防接種〜昭和37から53年度生まれの男性の方へ〜

風しん抗体検査・予防接種のご案内

風しんの公的な予防接種を受ける機会がなく、抗体保有率の低い世代の男性を対象として、風しん抗体検査・予防接種事業を行います。

なお、風しん予防接種は、風しん抗体検査を受けた結果、風しん抗体価が低い(HI法8倍以下相応)方のみ定期接種(無料)の対象となります。

対象者

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性

※ただし、平成31年度・令和元年度は、国の手引きに則り、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性に、風しん抗体検査・予防接種を受けるためのクーポン券を送付しています。
昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性で、今年度の風しん抗体検査・予防接種の受診等を希望する方は、健康増進課窓口にて申請いただくとクーポン券を発行することができます。

実施期間

平成31年4月1日~令和2年3月31日(ただし、医療機関等の実施日のみ)

実施場所

全国の風しん抗体検査・風しん第5期定期接種受託医療機関

自己負担額

無料

受診時等に持参する物

  • 風しん抗体検査・予防接種クーポン券
  • 健康保険証など本人確認ができるもの

風しん予防が必要な理由

風しんは、感染者の飛沫(唾液のしぶき)等によって他の人にうつる、感染力が強い感染症です。
妊娠早期の妊婦が風しんに感染すると、出生児が先天性風しん症候群(眼や耳、心臓に障害が出ること)になる可能性があります。
大人になって感染すると、無症状から軽症のことが多いですが、まれに重篤な合併症を併発することがあります。
また、無症状でも他の人に風しんをうつすことがあるので、感染を拡大させないためには社会全体が免疫を持つことが重要です。

参考

 

 

問い合わせ

市民福祉部 健康増進課

電話:0952-51-1234

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?