出産や手術での大量出欠などの際にフィブリノゲン製剤・血液凝固第9因子製剤の投与によりC型肝炎ウイルスに感染された型へ

給付金の請求期限が、2023年1月16日までに延長されました

厚生労働省は、出産や手術での大量出血などの際に特定フィブリノゲン製剤や血液凝固第9因子製剤を投与されたことによってC型肝炎ウイルスに感染した方との間で、現在和解を進めています。

給付金の請求期限が2023年1月16日までに延長されました。お早めにご請求ください。

対象となる方

特定フィブリノゲン製剤や特定血液凝固第9因子製剤の投与を受けたことによってC型肝炎ウイルスに感染された方

※妊娠中や出産時の大量出血、手術での大量出血、新生児出血症などが該当します。また、手術で腱や骨折片などの接着の際に、フィブリン糊として使用された場合も含みます。既に治癒した方や、感染された方からの母子感染で感染された方も対象となります。

 

給付金の支給を受けるためには、まず訴訟を提起していただくことが必要です。

給付金の支給を受けるためには、まず、国を被告として、訴訟を提起していただくことが必要になります。最寄りの弁護士などにご相談ください。裁判手続きの中では、製剤投与の事実、感染との因果関係、C型肝炎の症状について判断がなされます。認められた場合の弁護士費用については、法律により支給を受ける額の5%相当額を国が負担します。

裁判で和解が請求したら、独立病勢法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)に給付金の支給を請求していただくことが必要です。

お問い合わせ

連絡先:フリーダイヤル 0952−780−400 (携帯電話、公衆電話からの利用可)

受付時間:月曜日から金曜日まで(祝日、年末年始を除く) 午前9時から午後5時まで

 

 

 

 

 

問い合わせ

健康増進課 健康増進係

電話:0952-51-1234

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?