農業用廃プラスチック適正処理の推進について

農業用廃棄プラスチックの不適正処理について

農業用ビニール・プラスチック類は産業廃棄物であり、野焼きや不法投棄は法令により禁止されています。
不適正処理は環境を破壊するとともに農作物にも悪影響を与えるほか、地域の風評被害につながります。
地域の排プラ協議会等による集団回収を積極的に利用することにより適正処理を行いましょう。

集団回収を利用しましょう

効率的な回収を行うために、地域の排プラ協議会等による集団回収のルールを守っていただくことにより確実な適正処理が可能です。

農業用廃棄プラスチックの処理費用高騰について

現在、廃プラスチック類は、中国が輸入停止に踏み切った結果、その分の廃プラスチック類が行き場を失い、世界的にも問題になっています。
その結果、農業用廃プラスチック類においても、処理費用の大幅な上昇や引き受け条件の厳格化などの動きが全国で相次いでいます。
しかし、県内農業者の一人一人が地域の集団回収ルールを守っていただくことで処理費用の上昇を抑制させることは可能です。
リサイクル推進や処理費用の低減のためにも農業用廃プラスチック類は、適正に処理しましょう。

 

詳細は下記のPDFをご参照ください。

廃プラ適正処理推進【 PDFファイル:1.57 MB 】

連絡先
佐賀県農林水産部園芸課 0952−25−7120
 

 

問い合わせ

農政水産課 農政企画係

電話:0952-37-0117

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?