感染性胃腸炎に注意しましょう

 感染性胃腸炎の患者発生は、例年、12月の中旬頃にピークとなる傾向があり、佐賀県においても、徐々に患者数が増加している状況です。

 この時期に発生する感染性胃腸炎のうち、特に集団発生例の多くは、ノロウイルスによるものであると推測されています。

 ノロウイルスによる感染性胃腸炎が急増するシーズンに備え、手洗いの徹底や食材等の十分な加熱を心がけ、予防に努めましょう。

 なお、集団生活の場では、感染者のおう吐物や糞便の不適切な処理や不十分な手洗いなどで人から人へ二次感染を起こしやすいため、特に注意が必要です。

 

感染性胃腸炎について

感染性胃腸炎は、特定の原因に基づくものではなく、多種多様な病原体(細菌、ウイルス、原虫など)によって引き起こされます。
 冬季に集中して発生がみられるものの多くは、ノロウイルスやロタウイルス等が原因と考えられます。
 感染性胃腸炎の主な原因ウイルスであるノロウイルスの予防方法等を紹介します。

 

■症 状

  • ノロウイルスに感染もしくはノロウイルスを含んだ食品を摂取すると、1~2日後に吐き気、おう吐、下痢、腹痛、発熱などの症状が見られます。
  • 3日間程度で回復しますが、高齢者や乳幼児では脱水症状などから症状が重くなる場合がありますので、特に注意が必要です。
  • ウイルスの排泄は、数週間続く場合があります。


■主な感染経路

  • 汚染された貝類(二枚貝など)を生あるいは十分に加熱せず食べることで感染します。
  • 感染した食品取扱者を介して、食品が汚染され、その食品を食べた人が感染します。
  • おう吐物や糞便で汚染された人の手などを介して、人から人へ感染します。


■感染防止のポイント(基本的にはロタウイルスも同様です。)

  • 調理前、トイレの後など石鹸で十分な手洗いをしましょう。
  • 二枚貝については、なるべく生食を避け、加熱して食べましょう。
  • 食品を加熱する際は、食品の中心部まで十分に加熱調理しましょう。
  • 下痢・おう吐のある患者に接する注意点
    ・石鹸でこまめに手を洗いましょう。(特に用便後)
    ・患者がおう吐した部屋には、立ち入る人を最小限にし、窓があれば換気をしましょう。
    ・おう吐物、糞便等を処理する際は、使い捨て手袋、マスク、エプロンを着用の上、処理しましょう。
    ・汚物の付着した床などは、汚物を十分に取り去ってから、次亜塩素酸ナトリウム溶液で消毒しましょう。

 

佐賀県 PRESS RELEASE

佐賀県 PRESS RELEASE(感染性胃腸炎に注意しましょう)【 PDFファイル:980.3 KB 】

 

問い合わせ

市民福祉部 健康増進課

電話:0952-51-1234

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?