神埼市胃がん検診「胃内視鏡検査」のお知らせ

50・52・54・56・58歳の方は「胃内視鏡検査」と「胃部X線検査」のいずれかを選択できます

胃がんはわが国で50歳代に罹患する人が多く、死亡原因の上位に位置するがんです。しかし、早期に発見すると、手術の負担も少なく、完治することができるがんです。早期発見・早期治療のために、定期的な胃がん検診を受けましょう。市の胃がん検診は、「胃内視鏡検査」と「胃部X線検査」の2通りがあります。下記対象者の方は、「胃内視鏡検査」を選択することができますので、ぜひこの機会に受診してください。

令和2年度 胃内視鏡検査対象者 ※年齢判定基準は令和3年3月31日です

年齢

生年月日

50歳

昭和45年4月1日〜昭和46年3月31日
52歳

昭和43年4月1日〜昭和44年3月31日

54歳

昭和41年4月1日〜昭和42年3月31日

56歳

昭和39年4月1日〜昭和40年3月31日
58歳

昭和37年4月1日〜昭和38年3月31日

検査について

胃内視鏡検査

検査内容

胃内視鏡検査(胃カメラ)

眠ってからの検査はできません

対象者 50・52・54・56・58歳
自己負担金

4,000円

(検査費用約15,000円−市の助成約11,000円)

受診間隔 2年に1度
受診方法

個別健診

1 神埼市役所 健康増進課に申し込む。

電話:0952−51−1234

2 「受診券」を受け取る。(自宅へ郵送)

3 医療機関に予約する。

4 医療機関の指示に従い、受診する。

医療機関 電話番号
神埼クリニック 0952−53−1818
神埼病院 0952−52−3145
古賀内科 0952−44−2311
中尾胃腸科医院 0952−52−3295
南医院 0952−44−2777
(久和会)和田医院 0952−52−2021

 

持っていくもの

1 保険証

2 「受診券(ハガキ)」

3 自己負担金

※検査の状況により生検などが追加された場合、

別途医療費がかかります。

 胃部X線検査

検査内容 胃部X線検査(バリウム検査)
対象者

40歳以上

自己負担金

500円

(検査費用約4,000円−市の助成約3,500円)

受診間隔 1年に1度
受診方法

住民総合健診

1 受けたい会場・日程を選ぶ。

2 受診前の注意事項を確認する。

3 直接、会場へ行き、受診する。

 

毎日健診

1 佐賀県健康づくり財団へ予約する。

電話:0952−37−3314

2 受診票などを受け取る。(自宅へ郵送)

3 予約日に受診する。

持っていくもの

1 保険証

2 自己負担金

3 受診票(毎日健診のみ)

自己負担金免除対象者

生活保護世帯:「生活保護証明(原本)」を医療機関窓口に提出してください。

市民税非課税世帯:健康増進課で事前に手続きが必要です。印鑑を持参ください。

市が実施する胃内視鏡検査の対象とならない方

以下の方は、市が実施する胃内視鏡検査の対象外です。医療機関にご相談ください。

1 胃疾患に関連する症状がある方(症状がある場合は、医療として受診してください)

2 疾患の種類に関わらず、入院中の方

3 胃疾患で受療中の方(ヘリコバクター・ピロリ菌除菌中の方を含む。除菌が終了した方は検診の対象)

4 胃全摘術後の方

5 妊娠中の方

6 呼吸不全がある方

7 急性心筋梗塞や重篤な不整脈など心疾患がある方

8 明らかな出欠傾向またはその疑いがある方

9 収縮期血圧(上の血圧)が極めて高い方

10 その他全身状態が悪く、胃内視鏡検査に耐えられないと判断される方

問い合わせ

健康増進課 健康増進係

電話:0952-51-1234

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?