既存ブロック塀の安全対策について

既存ブロック塀の安全対策について

平成30年6月18日に発生した大阪市北部を震源とするマグニチュード6.1の地震において、ブロック塀の倒壊による被害が生じています。

また、平成17年に発生した福岡県西方沖地震(マグニチュード7.0)および平成28年熊本地震(マグニチュード7.3)でも、塀の倒壊により、死者負傷者が発生しています。神埼市内においても、佐賀平野北縁断層帯が市域を横断しており、同様の被害が生じる可能性があります。

みなさんの身近にあるブロック塀は、見かけはしっかりしていても安全性に欠けるものもあります。この地震をきっかけに、所有者の方は、今一度ブロック塀の安全性の確認をお願いします。

ブロック塀は、プライバシーの確保、防犯、防火など、私達の暮らしを守る重要な役割を果たしていますが、地震などによる災害時には、倒壊や落下など命を脅かす危険性もあります。不特定または多数の人々が通行する道路、通学路、避難路などの道路に面するブロック塀は、特にその安全確保が求められます。

基準を守り、安全、安心に暮らせるまちづくりを目指し、所有者の責任において管理をお願いします。

点検のポイント

※補強コンクリートブロック造(鉄筋あり)の場合

  <第1段階:所有者自ら点検しましょう。>

1.塀は高すぎないか。

2.塀の厚さは十分か。

3.控壁はあるか。(塀の高さが1.2m超の場合)

4.基礎があるか。

5.老朽化し亀裂が生じたり、傾き、ぐらつきなどが生じたりしていないか。

<第2段階:専門家に相談しましょう。>

6.鉄筋の接合方法、モルタルの充填状況は適切か。

7.鉄筋のピッチおよび定着状況は適切か。

8.基礎の根入れ深さは適切か。

○↓のチェックポイントを用いて安全点検を行ってください。

ブロック塀の点検のチェックポイント【PDF】(国土交通省)

○安全点検の結果、危険性が確認された場合には、付近通行者への速やかな注意表示等および補修・撤去等を行ってください。

ブロック塀の地震対策について

(地震対策例)

1.控壁は、壁の長さ3.4m以内ごとに設け、中に鉄筋を入れて塀とつなぎ、控壁や塀の頂部はコンクリートブロックを積むよりも、現場打ちのコンクリートとしたほうが安全です。また、塀の端部にも必ず控壁を設けましょう。門柱と塀を接続する場合は、双方とも丈夫な構造として、鉄筋で十分つないでください。

2.基礎の幅は、ブロック塀の厚さ以上とし、地中への根入れ深さは、法律上30cm以上あればよいとされていますが、できるだけ35cm以上とするようにしてください。基礎の丈は、法律上35cm以上あればよいとされていますが、できるだけ40cm以上にしてください。なお、基礎は逆T型にするのがもっとも有効です。

jisintaisaku

(ブロック塀の補強例)

すでにあるブロック塀などでも正しく工事がされていないものや、老朽化しているものは早めに専門家の点検をうけ、取り壊すか、補強しておくことが必要です。参考としてブロック塀の補強例の一例を示しておきますが、なるべく危険な塀は取り壊して安全にしておきましょう。

burokkubeinohokyou

建築基準法のブロック塀の基準

組積造(鉄筋なし)

1.高さ:1.2m以下

2.壁の厚さ:高さの1/10

3.控壁:長さ4m以下ごとに控壁を設置(壁の厚さの1.5倍以上突出させる)

4.基礎:根入れ深さは20cm以上

補強コンクリートブロック造(鉄筋あり)

1.高さ:2.2m以下

2.壁の厚さ:15cm以上(高さ2m以下の塀は10cm以上)

3.鉄筋:壁頂および基礎に9mm以上の横筋を配置

  壁の端部および隅角部は9ミリメートル以上の縦筋を配置

  壁内には、9mm以上の鉄筋を縦横に80cm以下の間隔で配置

  ※鉄筋の末端は、かぎ状に折り曲げる。

3.控壁:塀の高さが1.2mを越える場合は、長さ3.4m以下ごとに9mm以上の鉄筋を配置した控壁を設置(高さの1/5以上突出させる)

4.基礎:丈は35cm以上、根入れ深さは30cm以上

hokyoukonkuriitoburokku

(参考資料)

ブロック塀・石塀の安全なつくり方と補強方法【PDF】(財団法人 日本建築防災協会)

【ブロック塀に関する相談窓口】
東部土木事務所 建築課

鳥栖市元町1234-1

TEL:0942-83-4398

 

佐賀県庁建築住宅課 建築指導担当

佐賀市城内1丁目1番59号

TEL:0952-25-7165

問い合わせ

建設課 都市計画係

電話:0952-37-0103

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?