脊振神社で文化財防火訓練

火災から文化財を守れ

防火訓練

3月13日、脊振神社で文化財防火訓練が行われ、地元の久保山地区の住民や消防団、消防署員、市職員など約40人が参加しました。

訓練は、神社近くの山林から出火したとの想定。住民によるバケツリレーの初期消火から、消防団のジェットシューターでの消火、消防団と消防署員の放水と段階的な消火訓練が行われました。

訓練に参加した消防団員は「訓練を通じてスムーズな中継送水や指揮系統を確認でき、防災意識を高めることができた」と語り、非常時の対応を改めて確認する機会となりました。

問い合わせ

社会教育課 文化財係

電話:0952-44-2731

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?