個人番号カード

マイナンバー制度の導入により、平成27年10月から、住民票のあるすべての人に対し、個人番号が指定されます。個人番号カード(初回無料)の交付を希望される方は、以下の手順で交付申請書を送付してください。なお、個人番号カードは公的な身分証明書として利用できるほか、公的個人認証の機能が標準装備されます。

     

個人番号カードの申請・交付方法

ステップ1

マイナンバー通知カードと個人番号カード交付申請書が届きます。

マイナンバーカード総合サイト(地方公共団体情報システム機構)で市町村ごとの配送状況が確認できます。(外部サイト)

ステップ2

希望される方は、個人番号カード交付申請書を送付しましょう。
※郵送、パソコン、スマートフォンのいずれかの方法で申請してください。
 

郵送による申請

交付申請書の記載に間違いがないか確認し、顔写真を貼り付け、返信用の封筒に入れて、ポストに投函します。

パソコンによる申請

交付申請書のWEBサイトにアクセスし、画面にしたがって必要事項を入力し、顔写真を添付して送信します。

スマートフォンによる申請

交付申請書のQRコードを読み込みWEBサイトにアクセスし、必要事項を入力し、顔写真を添付して送信します。

顔写真のチェックポイント

申請時に貼付する写真は、次の点にご注意ください。

  • サイズ 縦4.5センチメートル×横3.5センチメートル
  • 最近6か月以内に撮影
  • 正面、無帽、無背景のもの

※顔写真についての詳細はマイナンバーカード総合サイト(地方公共団体情報システム機構)をご確認ください。(外部サイト)

ステップ3

 個人番号カード交付申請書を使用して、郵送による申請または、パソコンやスマートフォンによるWEB申請をおこなうと、交付通知書が届きます。

ステップ4

必要なものを持って、交付通知書に記載された期限までにご本人がお越しください(※)。
交付場所は、交付通知書に記載されています。

※ご本人が病気、身体の障害、その他やむえない理由により、交付場所に来ることが難しい場合に限り、代理人にカードの受け取りを委任できます。
代理人交付については、お問い合わせください。

ステップ5

交付窓口で本人確認のうえ、暗証番号を設定していただき、カードが交付されます。
暗証番号は、生年月日など推測されやすい番号は避けましょう。

交付時に必要なもの

  • 交付通知書
  • 通知カード
  • 本人確認書類
  • 住基カード(お持ちの方のみ)
本人確認書類とは

A 住基カード(写真付)・運転免許証・運転経歴証明書(平成24年4月1日以降交付のものに限る)・旅券・身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳・在留カード・特別永住者証明書・一時庇護許可書・仮滞在許可書 のうち1点

B これらをお持ちでない方は、「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載され、市区町村長が適当と認める 2点
(例)健康保険証、年金手帳、社員証、学生証、預金通帳、医療受給者証

コールセンターのご案内

内閣府ではマイナンバー制度に関するお問い合わせのためのコールセンターを開設しています。

通知カード・個人番号カードのお問い合わせ

日本語窓口:0570-783-578 
外国語窓口:0570-064-738

※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は050-3818-1250におかけください。

その他のマイナンバー制度のお問い合わせ

日本語窓口:0570-20-0178
外国語窓口:0570-20-0291

※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は050-3816-9405におかけください。

マイナンバー総合フリーダイヤル

電話:0120-95-0178(無料)

平日9時30分~22時00分
土日祝9時30分~17時30分
※年末年始12月29日~1月3日を除く

 

問い合わせ

市民課 総合窓口班

電話:0952-37-0116

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?