身体障がい者等に対する軽自動車税の減免について

身体障がい者等(身体障がい者、戦傷病者、知的障がい者、精神障がい者)の方の日常生活に不可欠な生活手段として使用される軽自動車について、一定の要件を満たす場合は、申請に基づき軽自動車税の減免が受けられます。

対象

  • 身体障がい者等が所有する軽自動車
  • 身体障がい者等のご家族(生計を一にする者)が、身体障がい者等の方の通院等のために使用する軽自動車
  • 身体障がい者等が利用するために特別な仕様により構造変更が加えられた軽自動車(車椅子自動車など)
     

減免の対象となる障がいの区分

対象者の障がい程度

障害区分 本人運転 家族運転
視覚障がい 1~4級の1 同左
聴覚障がい 2~3級 同左
平衡機能障がい 3級 同左
音声機能障がい 3級(咽頭摘出者に限る) 該当なし
上肢不自由 1~2級 1級、2級の1、2級の2
下肢不自由 1~6級 1~3級の1
体幹不自由 1~5級 1~3級

乳幼児期以前の非進行性脳病変による
運動機能障がい

上肢機能 両上肢1~2級 同左
移動機能 1~6級 両下肢1~3級
心臓機能障がい 1~4級 1~3級
じん臓機能障がい 1~4級 1~3級
呼吸器機能障がい 1~4級 1~3級
ぼうこうまたは直腸機能障がい 1~4級 1~3級
小腸の機能障がい 1~4級 1~3級
ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障がい 1~4級 1~3級
肝臓機能障がい 1~4級 1~3級
知的障がい 療育手帳A
精神障がい 精神障害者保健福祉手帳1級

減免の条件

運転区分

軽自動車の名義

運転者

使用目的・使用回数等
本人所有・本人運転 身体障がい者等本人 身体障がい者等本人 専ら本人の日常生活の手段として使用する。
家族所有・本人運転 身体障がい者等と
生計を一にする方
本人所有・家族運転 身体がい者等本人 身体障がい者等と
生計を一にする方

専ら身体がい者等の通学、通院(月4回以上)、
通所、生業のため使用する。
※生業以外は6か月以上継続して使用する。
 

家族所有・家族運転 身体障がい者等と
生計を一にする方

申請に必要なもの

本人運転の場合 家族運転の場合
  1. 軽自動車税納税通知書
  2. 身体障害者手帳・戦傷病者手帳
    療育手帳・精神障害者保健福祉手帳
  3. 運転免許証
  4. 自動車検査証
  5. 個人番号通知カードまたは個人番号カード
  6. 認印
  1. 軽自動車税納税通知書
  2. 身体障害者手帳・戦傷病者手帳
    療育手帳・精神障害者保健福祉手帳
  3. 運転免許証(運転される方のもの)
  4. 自動車検査証
  5. 個人番号通知カードまたは個人番号カード
  6. 認印
  7. 使用目的の証明書
    (通院証明書、通学証明書、通所証明書)

※福祉事業者の方や車椅子自動車等による減免を希望される方は、一度ご連絡ください。

申請期間

  • 納税通知書が届いてから(5月上旬予定)、納期限まで。

申請窓口

  • 神埼市役所 税務課 市民税係
  • 千代田支所 総合窓口
  • 脊振支所 総合窓口

注意事項

  • 納税通知書は納付をせずにご持参ください。
  • 前年度に減免となった方は、申請内容に変更がなければ新たな手続きは不要です。
  • 減免を受けられるのは1人の身体障がい者等につき1台です(普通自動車を含む)。

問い合わせ

税務課 市民税係

電話:0952-37-0114

アンケート

このページの内容は分かりやすかったですか?

      

このページは見つけやすかったですか?