災害教訓に消防団夏季訓練

掲載日:2014/09/18

8月31日、脊振グラウンドで神埼市消防団の夏季訓練が行われました。

夏季訓練には、早朝から540人の団員が参加し、規律訓練に汗を流しました。

「広島での大雨による土砂災害で大規模な被害が発生したことを教訓にしつつ、市民の安心安全のために、心を一つにして活動していきましょう」と、団員の技術向上と分団の結束を呼びかける吉田団長の訓示に続き、きびきびとした動作で、分列行進、通常点検を行い、日ごろの訓練の成果を発揮することができました。
 

問い合わせ



電話: