救急救命の重要さ学ぶ

掲載日:2014/09/22

救急の日(9月9日)を記念して6日、千代田町保健センターとはんぎーホールで、救命措置を学ぶ講習会と記念式典・市民公開講座が開かれました。

講習会には介護従事者など市民約60人が参加。心肺蘇生法やAEDの使い方を体験しました。佐賀広域消防局の救急救命士や神埼市郡医師会の看護師が指導、「心臓マッサージは1分間に100回程度のペースで」などと説明を受けながら人形を使って胸部の圧迫や人工呼吸法を学びました。

また、AEDを実際に使うのは初めてという人も多く、参加者は熱心に耳を傾けていました。

問い合わせ



電話: